概要

ALTIBASEの特長

データベースは、
Oracle だけだと思っていませんか?
ALTIBASE Hyblid RDBMS 」なら、乗り換えも簡単!

高速なインメモリデータベースと大容量なディスクデータベースを組合わせたデータベース、それがハイブリッドメモリデータベース「ALTIBASE(アルティベース)」です。 ディスクデータベース だけでなく、CPU に負担を掛けない高速なインメモリデータベースも使っているため、CPU 効率がより優れています。 ALTIBASE のインメモリデータベースは、シンプルな構造で、軽量・コンパクトに作られているため、システム負荷を削減できます。従来のデータベースに比べ 10 ~ 20 倍も CPU 効率が優れているため、他社データベースと比べソフトウェアのライセンスコストを大幅に削減することができます。

大量のデータを安定して処理できる高速性

高速なインメモリデータベースと大容量なディスクデータベースを組合わせたデータベース、それがハイブリッドメモリデータベース「ALTIBASE(アルティベース)」です。
先端技術であるインメモリデータべースと成熟技術であるディスクデータベースの長所を融合させた構造であり、 ディスクデータベース だけでなく、CPU に負担を掛けない高速なインメモリデータベースも使っているため、CPU 効率がより優れています。

高速なインメモリデータベースの使用により、高いCPU 効率を実現
ディスクデータベース+インメモリデータベース=ハイブリットデータベース

抜群のコスト・パフォーマンス

ALTIBASE は急激なデータベースパワーを必要とする場合、インメモリデータベースを使うことにより CPU 負荷を少なくして安全に処理を行います。そのため、同じ処理を他のデータベースで実現する場合と比較して、必要なソフトウェアのライセンス数を減らすことができます。

従来のデータベースとの比較

また ALTIBASE には、データパーティショニング、レプリケーションといった機能がすべて標準で装備されているため、性能を犠牲にすることなくトータルコストを抑えることが可能です。性能もコストも妥協せず、データベースを移行することができます。

vs Oracle

ALTIBASE Hybrid RDBMSは、インメモリデータベースとディスクデータベースの機能を併せ持つハイブリッド型のデータベースです。

Oracleとの高い互換性により容易に移行ができます。現在利用されているOracleベースのアプリケーションもコストパフォーマンスの優れたALTIBASE Hybird RDBMS Serverに簡単に移行できます。

Oracleとの違い

ALTIBASEはインメモリデータベースとディスクデータベースの2つの機能をひとつのデータベースで実現するハイブリッド型のデータベースです。

RDBとインメモリDBの組み合わせによる高速化の場合の問題点

高速のトランザクション処理を行う場合、インメモリデータベースや、インメモリグリッド製品を使用するアーキテクチャを採用することがあります。これらの製品を利用する際には、以下のような問題があります。

データの用途に応じた使い分けが必要

RDBに格納していたすべてのデータのうち、高速にアクセスしたいデータをインメモリデータベースに移行します。アプリケーションは、データの用途に応じてそれぞれのデータベースに接続しなければなりません。

トランザクションナルな更新には2相コミットが必要

異なるデータソースのデータをトランザクションで更新するためには、TPモニタによる2相コミットが必要になります。この場合、システムが複雑化するとともにトランザクション性能にも影響を与えてしまいます。

トランザクションナルな更新には2相コミットが必要
ALTIBASEによる解決

ALTIBASEは、ひとつのデータベースでインメモリデータベースとRDBの機能を持っています。そのため、アプリケーションはデータの場所を意識することなくデータにアクセスすることができます。また、単一のデータベース内でデータが管理されているので、簡単にインメモリデータベース上のデータと、ディスクデータベース上のデータを結合したり、トランザクションで整合性を取った更新を行えます。

ALTIBASEによる解決

コスト面での優位性

ALTIBASEは、オプション不要

ALTIBASEでは、インメモリデータベース機能を含むすべての機能が『追加費用なし』で利用頂けます。Oracleでは、データ量の増加や性能向上に対応するための機能がオプション機能として提供されています。Oracleのオプション機能はライセンス価格の+50%、+25%といった価格になっていますので、お客様の課題解決のためにオプション機能を使用するとライセンスが高額になります。OracleからALTIBASEに移行する際、パーティショニングやインメモリデータベース機能をつけるための費用の心配は一切必要ありません。

Oracleのライセンス費用はオプションにより高額に!!

ALTIBASEの保守費用は定額

ALTIBASEの保守契約費用は、毎年ライセンス費に対して定額(20%)となっています。これに対して、Oracleの保守契約費用は、『国単位に設定される更新調整率』により、年々増え続けます。1年目は22.0%のOracleの保守契約費用が、5年目には23.81%にまで跳ね上がります。Oracle保守契約費用の増加が、Oracleから他のデータベースに移行するお客様の動機のひとつとなっており、もちろんALTIBASEへ移行した場合は、保守契約費用の増加に悩むことはありません。

OracleとALTIBASEの保守費用比較

※サポート契約更新時に、毎年「更新調整率=2%」が適用された場合のサポート費のイメージ
※調整率は、毎年国単位に設定されます。

Oracleからの移行(SQLやアプリケーションの移行も簡単)

SQL拡張機能

ALTIBASEは、Oracleで一般的に使用されているDUAL表やROWNUMなどのSQL拡張機能も提供しています。ANSI-SQLに準拠しているので、SQLの書き換えも最小限で移行できます。

PL/SQL対応

ALTIBASEの手続き型言語では、Oracleのトリガー、ストアドプロシージャ、ユーザ定義例外など多くの機能を実行できます。そのため、Oracleで現在利用しているPL/SQLアプリケーションを簡単にALTIBASEへ移行することができます。

データベース運用とユティリティ

ALTIBASEのデータベース管理のアーキテクチャは、Oracleと似ています。データベースのバックアップ、ログ管理などOracleのDB管理者であれば違和感なく運用を行うことができます。また、isql(対話型のSQL実行ツール) , iloader(データローディングツール)も提供されているので、Oracleからデータベースを移行しても、管理者、開発者ともにこれまでの経験を活かすことができます。

アプリケーションの移行

アプリケーションの開発には、Pro*C相当のプリコンパイラの提供をはじめとして、ODBC、JDBC、Perl、PHP、.Netなど標準的なAPIを提供しています。標準的なAPIを使用しているアプリケーションの場合、データベースの接続先を変更するだけで移行できます。そのため、Oracleで利用しているアプリケーション資産を無駄にすることなくデータベースの移行を行えます。

その他

インメモリ上で空間データベースのためのクエリをサポート

テーブルスペースによる保存領域の管理
-インメモリテーブルスペース
-ディスクテーブルスペース
-Volatile テーブルスペース(回復機能を持たないメモリテーブルスペース)

インメモリデータベース領域として、ローカルメモリ、共有メモリをサポート(共有メモリ使用の際は、サーバーの再起動を高速化

インメモリデータベースの自動拡張