2020-01-28
ニュースリリース
未来型チームコミュニケーション「Buddycom」、iOSでパートナーエコシステムを構築、グローバルへ展開
株式会社サイエンスアーツ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)が提供するクラウドサービス、未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」は、音声やライブ動画、位置情報(IoT)を利用したチームコミュニケーションに加え、AI を利用したデジタルアシスタントのサービスを提供しています。今後は、AR を利用したコミュニケーション、4K でのライブキャスト、テレイグジスタンスなど、iOS※1を利用した未来型チームコミュニケーションを提供します。また、国内外の iOS のモビリティパートナーとのエコシステムを構築し、様々な業種で音声や動画を利用した未来型チームコミュニケーションを提供してまいります。

このたび、株式会社サイエンスアーツは、Buddycom の展開において Apple の新しいモビリティパートナ ーとなりました。 鉄道会社、航空会社、GMS、製造会社から金融機関まで、あらゆる業種の数多くの職種で Buddycom が利用されており、Apple のモビリティパートナーとして、全業種かつグローバルに展開する日本 初のシステムとして、Buddycom のサービスの拡大を加速させていきます。 また、Apple のモビリティパートナーである国内外の企業との協業も進める方針です。
Buddycom のユーザー 間で共有・集積されるデータを⽣かし、他モビリティーパートナーとの協業をはじめとするエコシステム を構築し、新しいイノベーションの創出やサービスの向上など、お客様のニーズに応える新しい未来を創 造します。

Buddycom は随時最新の技術が使われており、ユーザーはiOS・iPadOS の独創的でユニークな機能をいち早く体験できるようになります。
先般、iPadOSに実装されているLandscapeモード※2やSplit View※3 Dark mode※4にも対応し、ユーザーの更なる業務効率の改善に寄与することができるようになりました。

※1 Apple、iPad、iOS は、米国および他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。
※2 Landscape モード:iPad を横向きにした際に画面も横向きに表示されること。
※3 Split View:画面を左と右に分割し、左右に異なる情報を表示すること。
※4 Dark mode:黒基調の画面で表示されること。

◾️ Buddycomとは
“現場が変わる“未来型チームコミュニケーションのクラウドサービスです。
音声や動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能です。
利用実績では、航空、鉄道、建設、流通など様々な業種でのコミュニケーションとして利用されています。
また、災害などの緊急連絡手段(BCP)として利用していただいています。
主な特徴は以下の通り。

● マーケットプレイス(音声テキスト化、自動翻訳コミュニケーション、etc)
● 様々な業種でパートナーエコシステムを推進
● 24時間365日のミッションクリティカルで利用
● グローバルにサーバーを分散したディザスターリカバリー構成
● 運用支援(SAML認証。アプリ設定の一括管理)
● 企業間でのチームコミュニケーションをサポート(音声共有、音声テキスト化、LIVE動画など)
● 監査ログの取得