2019-10-17
ニュースリリース
増え続ける海外からの要求に対応 グローバル展開に向け、IP無線アプリ【Buddycom】が英語版をリリース
株式会社サイエンスアーツ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)は、増え続ける海外からの要求に対応し、本格的にグローバル展開を行うため、2019年10月17日より独自開発したIP無線サービス「Buddycom」の英語版アプリとWEBサイトを公開いたしました。

株式会社サイエンスアーツ「世界中の人々を美しくつなげる」を理念に、無線機やトランシーバーから置き換え可能な音声通話を核としたプラットフォームサービスとして、「Buddycom」を提供してまいりました。Buddycomは鉄道、エアライン、流通、介護など様々な業種で利用されており、業務効率の向上や働き方改革を支援する業務に欠かせないツールとなっています。
東南アジア・米国の企業からのニーズも大きく、より便利に使っていただくため、英語版アプリと英語版WEBサイトをリリースいたしました。
なお、英語版Buddycomアプリでは、日本語版と同じ機能を使うことができます。

すでに、マレーシア、タイ、フィンランドなどではBuddycomの利用実績があり、お客様からは「遅延なくコミュニケーションが取れた」、「トランシーバー翻訳で通訳がいらなかった」などの声をいただいております。

Buddycom 英語サイト:https://www.buddycom.net/en/index.html


■ Buddycomとは
“現場が変わる“というコンセプトのもと、一対多のリアルタイムな音声情報共有ができる、スマホIP無線サービスです。
航空、鉄道をはじめとし、建設、流通店舗などの業務コミュニケーション基盤として、屋内外問わず24時間365日稼働しており、同時に数千名への一斉連絡を行う大規模ユーザーや、秒単位の細かい指示が必要などの現場で活用されています。

●スマホにアプリをインストールするだけで利用開始
●Android/iPhone/タブレットで利用可能。
●スピーカーマイクなどの周辺機器と連携、ハンズフリーでスマートフォンに触れることなく通話可
●現在、従来の音声のコミュニケーションを変える機能を開発中。
・コミュニケーションにAIを活用、AIアシスタントの自動応答で現場をサポート
・位置情報等のIoTデータと連携
・通話データ、テキストデータをサーバ―に保存し、ビッグデータ解析今後は世界のデジタライゼーション化に沿って、人と人が美しくつながるプラットフォームを目指します。


■ 30日間無料トライアル実施中
下記リンクからお申し込み後、「Buddycom」を30日間無料でお使いいただけます。

<お試しいただける機能>
・グループ通話
・個別通話
・双方向通話
・マルチグループ受信
・位置情報の確認
・通話履歴の再生
・チャット機能
・データ保存期間24時間
・強制起動
・音声キスト化 ※
・パラレル翻訳 ※
※トライアル終了後はオプションとなります。


■ 製品仕様
アプリ名:Buddycom (バディコム)
対応OS:Android、iOS、WindowsPC
提供会社:株式会社サイエンスアーツ
導入事例に関してはこちら↓