株式会社シアンス・アール

マイナンバー対策はフォレンジックツール「ARGOS DFAS」1台で完了!
誰でも使えるインストール不要のフォレンジックツール

ARGOS DFASは、捜査機関によるフォレンジック調査や、PMS、ISMS等の認証での個人情報洗い出しに活用されているフォレンジックツールです。
USB接続のSSDドライブで提供されますので、プログラムをインストールすることなく、調査対象のPCに接続して実行するだけで、PC内の情報をくまなく収集し、分析レポートを作成することが可能です。PC内のデータの収集から利用状況の調査レポート作成までを短時間で、自動的に行えます。個人情報検索や完全削除の実施、削除した証拠の証明の用意に、特別な知識や技術は一切要りません。導入したその日から誰でも特定個人情報管理ができるので、マイナンバー対策に頭を悩ます必要はありません。

DFAS利用イメージ

従業員のマイナンバー管理義務はすべての事業者に発生します。

番号法(通称:マイナンバー制度)制定により2016年1月にはマイナンバーの利用が開始されます。マイナンバー制度では、企業の規模に関わらず従業員のマイナンバー管理義務が発生し、情報漏えい時には現状の個人情報保護法を上回る厳しい罰則が適用されます。

マイナンバーは、個人の所得が発生するところ全てで利用されます。社会保険(健康保険、厚生年金保険)や源泉徴収票、給与支払報告書の作成、提出に従業員のマインバーが必要になります。そのため、事業者はすべての従業員(パート、アルバイト、派遣社員含む)の特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を管理しなければなりません。
また、管理が不要になった特定個人情報は、確実に削除または廃棄し、その記録を保存しなければなりません。特定個人情報の管理業務を外部に委託した場合も、委託先が特定個人情報を削除または廃棄したことを、委託元が確認する義務が発生します。

 

フォレンジックツールARGOS DFASでのマイナンバー対策は、誰でも行えます。

マイナンバー対策にはファイルの完全削除

ARGOS DFASを使えば、ファイルやメールデータなどの、PCに残った個人情報を洗い出せます。不要になったマイナンバー等の個人情報ファイルは、ARGOS DFASの完全削除機能で復元不可能な形で確実に削除・廃棄できます。画面は捜査機関によるフォレンジックの一次報告で利用される改ざん不可のレポートのため、完全削除時の証明書としても利用できます。

     

マイナンバー対策だけでなく、情報漏洩発生時の初動調査にも利用できます。

情報漏洩が発生したときのPCのフォレンジック調査は、高度な専門知識や技術を身に着けた専門家が行っています。
フォレンジックの専門家になるには、トレーニングのため多くの時間と費用(例:2週間、150万円程度/人)が必要となります。また、フォレンジックの調査には時間がかかり、結果のレポートも俗人化され効率的ではありません。
ARGOS DFASは、この専門のフォレンジック技術をソフトウェア化(自動化)し、知識や技術を持ち合わせない方でも、専門家が行う初動調査と同じ分析結果を短時間で得ることができます。フォレンジックで収集したデータは、レポートとしてSSDドライブに保管されますので、いつでもフォレンジックの内容を確認できます。

お問い合わせ


ARGOS DFASで企業のセキュリティレベルを強化!

社内のPCの利用規定が正しく守られずに情報漏洩の原因となることも少なくありません。
RGOS DFASのレポートには、インターネットの利用状況、USBデバイスやネットワーク(WiFi)の接続情報、PC内のファイルの一覧などが含まれています。セキュリティ担当者は、ARGOS DFASのレポートから、社内規定に沿ってPCが運用されているかどうかを簡単に確認することができます。
ARGOS DFASのフォレンジック技術を使用した定期的な監査で、不正な利用行為を行っているユーザの運用を改善し、セキュリティレベルを強化できます。

Argos DFASは情報漏洩対策からセキュリティ事故発生時の初動調査で高い効果を発揮します。

情報漏洩でのフォレンジック調査項目を自動収集、不正行為の調査期間を短縮します

従来、情報漏洩が発生した場合に、その痕跡を調査するためのフォレンジック調査は、専門の機関に依頼するか、高度なトレーニングを受けた技術者しか行うことができませんでした。
ARGOS DFASでは、一般的なフォレンジック調査で必要となる調査項目を、10分~60分程度で自動収集し、レポートを作成します。ARGOS DFASの初動調査で、情報漏洩の原因と流出した情報の種類や範囲を短時間で明らかにし、早期に対応策の検討を進めることができます。>

調査例

  • システムの開発・運用保守に携わるプロジェクトメンバの監査に

    システムの開発、運用保守に携わるプロジェクトメンバが、機密情報や個人情報を持ち出していないか確認します。
  • 情報漏洩の初動調査に

    情報漏洩の疑いがあるPCに、ARGOS DFASを使用したフォレンジック調査を行い、流出した可能性のある情報とその量を特定することができます。疑いのあるPCが多くある場合の初動調査で、情報漏洩の原因となったPCを素早く特定できます。
  • 退職者や派遣社員のPC監査に

    退職前に退職者のPCに、ARGOS DFASを使用したフォレンジック調査を行い、社内の重要なデータへのアクセス履歴などを確認します。営業秘密や技術情報の不正なコピーがないかを確認し情報漏洩を防ぎます。
  • PMS・ISMSでの定期的な監査に

    PMS・ISMSでの定期的な監査で、従業員のPCにARGOS DFASを使用したフォレンジック調査を行うことで、PCの利用実態を把握し、証拠として保管することができます。
  • 重要ファイルの棚卸しに

    個人情報や機密情報を含むファイルを洗い出し、適切に管理することで、情報漏洩のリスクを減らします。
  • 社員の持ち出しPC監査に

    PCの持ち出し中に不正行為が行われてないか、操作履歴を過去に遡って明らかにすることができます。
  • 主な機能

  • PCに保存されているファイルや削除済みのファイル、メールの分析

    ファイルやメールとその添付ファイルから、個人情報や機密情報を分析することができます。ごみ箱から削除されたファイルの情報も抽出できるので、情報漏洩の痕跡を過去に遡って調査できます。
  • 外部記憶媒体の接続履歴とファイルアクセスの関連付け

    過去に接続されたUSBデバイスの接続情報をリスト化し、接続中に行われたファイルアクセス情報と関連付けできます。不正なUSBデバイスの接続や、接続中の個人情報ファイルへのアクセスを、短時間で分析できます。
  • Webサイトへのアクセス履歴、キーワード検索履歴の抽出

    Webサイトへのアクセス履歴だけでなく、GoogleやYahooなどの検索サイトで使用したキーワード文字列を分析できます。業務に無関係なWebサイトへのアクセスや、不正行為につながるWeb検索を、ユーザ毎に一目で確認できます。